ページの先頭ですメニューを読み飛ばしメインへ
ページメインです。
メインです。

個人情報取扱規程

沖縄県生涯学習情報提供システム個人情報取扱規程
平成17年3月31日
教育長決裁
(目的)
第1条 この規程は、沖縄県生涯学習情報提供システム管理運営規程(以下「運営規程」という。)第5条第3項の規定に基づき、沖縄県生涯学習情報提供システム(以下「システム」という。)事業のために収集、登録、編集、保有される個人情報の適正な取扱の確保に関し、個人情報取扱者間の共通の必要事項を定め、個人の権利利益の保護を図ることを目的とする。
(定義)
第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。
(1)個人情報  生存する個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るものをいう。
(2)個人情報取扱事務  システムの運用にあたって行われる、個人情報を取り扱う事務で、個人情報の収集、提供、管理、編集等をいう。
(3)編集  収集した個人情報を、システムに登録、修正、削除又は抽出して加工・利用することをいう。
(4)個人情報取扱者  運営規程に定める情報提供者のうち、個人情報を取り扱う者をいう。
(5)個別取扱規程  個々の個人情報取扱者が属する機関が有する、個人情報の取扱について定めた条例、規則、その他の規程等をいう。
(6)個人情報データベース  システムの一部を成し、収集した個人情報を含む情報の集合物であって、インターネットを経由する等してコンピュータを操作することにより個人情報を検索できるデータベースシステムをいう。
(7)一次情報  個人情報データベースに格納されている情報をいう。
(8)二次情報  個人情報データベースから個人情報取扱者の権限で抽出された情報をいい、画面表示及び加工・印刷したものを含む。
(9)個人情報保有期間  個人情報を保有することが適当であると認められる期間をいう。
(基本的事項)
第3条 一次情報は沖縄県教育委員会が保有する個人情報とし、二次情報及びシステムに一次情報として登録する目的で収集された情報は各個人情報取扱者が保有する個人情報とする。
2 この規程に定めのない事項については、個別取扱規程により取り扱うものとする。
(個人情報取扱者)
第4条 個人情報取扱者は、その属する機関が個別取扱規程を有し、かつそれが公にされている者でなければならない。
2 個人情報取扱者は、システムに一次情報を登録する権限を有し、当該一次情報を編集する権限を有する。
3 個人情報取扱者は、当該個人情報取扱者を申込先としてシステムの申込機能によりシステムに登録された個人情報を参照し、申込受付処理を行なう権限を有する。
4 前2項の規定にかかわらず、生涯学習振興課長はシステムの管理に必要な範囲において他の個人情報取扱者の取扱範囲の情報を参照し、編集することができる。
(個人情報の収集)
第5条 個人情報取扱者は、個人情報を収集するときは、あらかじめ、個人情報取扱事務の目的を明確にし、その目的を達成するために必要な範囲内で、適法かつ公正な手段により収集するものとする。
2 システムを介さずに収集する個人情報については、個人情報取扱者は、個別取扱規程により適切に収集した情報のうち、システムに登録して公開することについて本人の同意を得たもののみをシステムに登録することができる。
3 システムを介して収集する個人情報については、第1項に定める事項を画面上で明示し、本人の同意を得た上で収集するものとする。
4 システムを介して収集する個人情報は、次の各号のとおりとする。
(1)収集する事務  講座・研修申込、視聴覚教材貸出申込
(2)収集する情報  氏名、年代、性別、勤務先/学校名、利用団体名、住所、電話番号、E-mailアドレス
(3)収集する理由  次のとおりとする。
ア 申込者本人を識別するため。
イ 告知事項の伝達、回答等、業務上の連絡に使用するため。
ウ 以後の生涯学習事業の企画等の資料として活用する統計資料とするため。
(正確性及び安全性の確保)
第6条 個人情報取扱者は、個人情報取扱事務の目的を達成するために必要な範囲内で、当該個人情報取扱者が登録した一次情報を正確、完全かつ最新の状態に保つように努めるものとする。
2 個人情報取扱者は、個人情報の漏えい、き損及び滅失の防止その他個人情報の適切な管理のために必要な措置を講ずるよう努めるものとする。
(廃棄)
第7条 個人情報取扱者は、一次情報の個人情報保有期間を守り、保有する必要のなくなった個人情報を確実に、かつ、速やかに廃棄又は消去するものとする。
2 一次情報の個人情報保有期間は次の各号のとおりとする。
(1)講師・指導者等の人材情報  本人から削除の請求があったときはそのときまで。それ以外は本人と連絡がとれないことが明らかになったときまで。
(2)申込者情報  申込にかかる内容が終了してから30日間。ただし、個人を識別し得ない、年代、性別、住所(のうち市町村)の情報については、統計資料とするために当該期間経過後も引き続き保有する。
(職員等の義務)
第8条 個人情報取扱者、および個人情報取扱者の指示を受けて個人情報取扱事務に従事した職員は、職務上知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。その職を退いた後も、同様とする。
(委託に関する措置等)
第9条 個人情報取扱者は、個人情報取扱事務を個人情報取扱者以外の者に委託するときは、個人情報の保護のために必要な措置を講ずるものとする。
(自己情報の開示)
第10条 個人情報取扱者は、各個別取扱規程により、本人からの一次情報の開示の申出に応じるものとする。
(自己情報の訂正)
第11条 個人情報取扱者は、一次情報について、訂正の申出があったときは、当該個人情報取扱者の個別取扱規程に基づき、正しい情報を収集した上で一次情報を訂正するものとする。
(苦情の処理等)
第12条 個人情報取扱者は、当該個人情報取扱者が行う一次情報の取扱に関して苦情の申出があったときは、迅速かつ適切に処理するよう努めるものとする。
2 自己情報の開示、訂正、削除及び苦情の申出等、個人情報の取扱に関して処理を求める申出を受け付ける者は次の各号のとおりとする。
(1)講師・指導者等の人材情報  情報を登録した個人情報取扱者
(2)申込者情報  申込を受け付けた個人情報取扱者
(適正運用の確保)
第13条 生涯学習振興課長は、他の個人情報取扱者がこの規程に照らして必要な個人情報保護措置を講じていないと認めるときは、当該個人情報取扱者に対し、報告を求め、若しくは必要な調査を行い、又は当該個人情報取扱者のシステム利用の停止その他必要な措置を講じるものとする。
(委任)
第14条 この規程の施行に関し必要な事項は、生涯学習振興課長が定める。

附則
この規程は、平成17年4月1日から施行する。


ページ先頭へ Copyright © 2005 Okinawa Prefecture. ページの最後です