放射線と半減期フェーン現象

ライブラリー
教材No. D-50
媒体
再生時間 10分
内容 放射線が一定の規則性をもって減少していくことを霧箱の実験でとらえるととにも、炭素14の半減期を利用した年代測定の原理について説明している。断熱圧縮・膨張による温度変化の現象や、雲の発生について実験により示すとともに、過去、日本で最高気温を記録した山形市を例に、フェーン現象のしくみについて説明している。
対象者
カテゴリー
各視聴覚ライブラリー案内/利用規約

※教材・機材の貸し出しは、各地域の学校教育や社会教育の団体などを対象としています。
お申込み